効率的な予防接種方法

ここでは、インフルエンザの効率的な予防接種方法についてご紹介しています。ラクトフェリンを毎日の習慣に取り入れると有効と言われていますが、さらにワクチンで予防したいですね。

 

 

インフルエンザの基本知識

 

インフルエンザの摂取可能年齢

インフルエンザの予防接種は、生後6か月からといわれていたりしますが、実は生後3か月から摂取できるとしている医療危難もあるそうです。もし家に赤ちゃんがいる家庭であれば、乳児に対する注射は効果が弱いとされているので、周りの大人や兄弟もインフルエンザの予防接種を受けて、うつらないようにするのがベストでしょう。

 

インフルエンザの予防接種を受けたほうがいい人

 

生後半年以上でインフルエンザで悪化するといわれている喘息、心臓病、免疫不全、アスピリン投与中の川崎病、慢性の腎障害、糖尿病などの代謝の病気などのある方。

 

医療機関関係者や保育園、幼稚園、学校にお勤めの方で、インフルエンザ患者と接する機会が多い方

 

幼稚園や保育園、学校、学童、などに通う子供たち

 

65歳以上の人

 

老人ホームに住んでいる人

 

インフルエンザの予防接種を受けないほうがいい人

 

卵アレルギーのある人
妊娠中の人(ちなみにアメリカは妊娠中期から後期の妊婦には接種を勧めています)

 

 

インフルエンザの予防接種の副反応

 

インフルエンザのワクチンは副反応が少ないといわれていますが、まれに接種後に脳炎、
じんましんや呼吸困難、接種部位の発赤などが考えられます。

 

インフルエンザワクチンを効率的に摂取するには?

インフルエンザワクチンは、実は摂取すれば100%防げるというわけではありません。ワクチンの有効率は70%と、リスクが大幅に減るというだけで、インフルエンザのワクチン接種をしたのにインフルエンザに罹った〜という方は結構いらっしゃるんですよね。とはいえ、ワクチン接種をしていると、肺炎や脳炎など、重い合併症を発症するリスクが減るようです。また、A型インフルエンザのほうがよりワクチンがきくそうです。A型インフルエンザは、実はA型が重症化するリスクが高いそうなので、やはり摂取しておくと安心できそうですね。

 

効果的な接種法

インフルエンザワクチンは接種後1〜2週間してから抗体が上昇しはじめるということがわかっています。2回接種すると、1ヶ月後にピークになり、3〜4ヶ月後に低下しはじめるとは言われていますが、だいたい接種5ヶ月くらいまで効果があるといわれています。効果的にインフルエンザワクチンを接種するのであれば、10月中旬にワクチン接種すると3月半ばまで有効となります。2回目の摂取は、1〜4週間間隔なら有効ということなので、はやめに2回目の接種をしましょう。

 

インフルエンザ脳症って何?

最後に、インフルエンザ脳症についてちょっとだけ触れておきますね。インフルエンザ脳症を発症するのは、乳幼児が多いそうです。インフルエンザ脳症を発症すると、なんと24時間以内に悪化して抗インフルエンザ薬が間に合わず、大変危険だそうですよ。