インフルエンザ対策 | インフルエンザ対策に効果的なうがい・手洗い方法

インフルエンザにかかりたくない方であれば、インフルエンザ予防といえば頭に浮かぶのはうがいや手洗いの徹底だと思います。インフルエンザが流行している時期は特に、みなさんも外から帰宅したときや、食事をする前に手洗いをし、うがいもするかもしれません。とはいえ、実際に自分はしっかり手洗いができているのだろうか、という問いには、イマイチわからないという方も多いようです。そこでここでは、インフルエンザ対策に効果的なうがいと手洗い方法について、ご紹介しています。ぜひインフルエンザ対策にお役立てくださいね。

 

 

正しい手洗いとは?!

手洗いをする時は、ぬるま湯がよいそうです。しっかり手洗いをできる温度の水で、きっちり洗うのがポイント。冷たい水や熱いお湯では、差さっと手を洗い流すだけにしがちですからね。石鹸はよーく泡立てて使いましょう。この泡が、手についたばい菌やウィルス、汚れを浮かして洗い流してくれるのです。

 

石鹸を手にささっととって、ささっと両手をこすり合わせて手洗いを終了していては、全く手洗いしないよりは若干効果があるかもしれませんが、それでもそこまで効果は期待できないといわれていますからね。気になる方は、まず予洗い程度に石鹸でささっと洗い、次に念入りに2回目は石鹸を泡立てたもので洗うのもお勧め。もともとフォームになって出てくるハンドソープなどだと、手間が省けますね。

 

手は、手のひらと手の甲だけではなく、手首までしっかり洗います。また、爪の間には汚れやばい菌が結構溜まっているものです。もちろん、ウィルスも潜伏しているでしょうから、爪ブラシなどで念入りに洗うのがお勧めですよ。

 

 

正しいうがいの方法とは?!

うがいをする時は、うがい専用の液を口に入れたら唇をしっかり閉じて、頬の筋肉を動かしてグチュグチュっと音が出る感じでよくうがい液を口になじませ、いったん吐き出します。それからもう1度うがい液を口に含み、上を向いて声を出しながらうがいをしてみましょう。声が震えている状態まで、のどの奥まで洗い流します。それから、うがい液が生暖かくなったら、吐き出してくださいね。水でやるときも、同様にやると効果的でしょう。特に外から帰ってきたときは、うがいは徹底したいものです。インフルエンザ対策になりますからね!そこにプラスアルファでラクトフェリンでも摂取しておけば、鬼に金棒?!