インフルエンザ対策に温度と湿度を保つ

インフルエンザ対策には、温度と湿度を保つことがカギとされています。そこでここでは、適切な温度や湿度について触れていきたいと思います。インフルエンザのウイルスは乾燥に強いことが知られており、乾燥した状態を放置していると、そのうちのどや気管支の防御機能が低下してしまうのだそう。結果として、インフルエンザに感染しやすくなってしまうのです。そこで、乾燥しがちな冬にインフルエンザにかからないためには、加湿器と温度に気を付けることが必要なのですね。ちなみに、ラクトフェリンのサプリもインフルエンザに効くそうなので、気になる方はお試しくださいね。

 

インフルエンザ対策に有効な湿度とは?

インフルエンザ対策に有効とされている湿度は、家庭での湿度を50−60%以上に保つことが必要とされています。家庭でしっかり湿度を保つためには、ファンヒーターや石油ストーブといった暖房器具が、燃焼する際に水蒸気を発生させるためにお勧めとのことで、逆に電気ストーブやエアコンで暖を取るのは逆に水蒸気が発生しないため、あまり使用しないか、加湿器を併用するのがお勧めですよ。洗濯物を室内に干せばいいのではないか?などとよく言われますが、それも有効だそうですよ。

 

加湿器を使う時に気を付けたいこと。

インフルエンザ対策にせっかく加湿器を稼働しても、しっかりと掃除などをしていないと
タンク内で細菌やカビが繁殖し、逆に室内が不潔になってアレルギーや過敏性肺炎になる可能性が出てくるそうですよ。水の交換、タンクの清掃は説明書通りにしっかり気を付けるようにしましょう。

 

インフルエンザ予防に最適な室温は?

インフルエンザ予防に最適な室温は、18−20度だそうですよ。しかも、体を冷やすと免疫力が低下し、風邪をひきやすくなってしまうそうなので、できれば室温が保てるように工夫するとよいそうですよ。湿度が高ければ、室温がやや寒いかな、というときもそこまで寒さを感じないかと思いますよ。最適な室温+50−60%の湿度で、ウィルスはなかなか生き延びることができないようです。